東京釣り紀行

東京を中心にゆるーく釣りしてます。ちょっと変わったサカナ狙ってます。

霞ヶ浦水系にてブラックバスを釣った話

霞ヶ浦水系にてブラックバスを釣った話

2018年5月4日。

今回はGWまっただ中の霞ヶ浦水系の川にバス釣りにいってきました。霞ヶ浦水系を攻めるのは初である。

今回案内してくれたのは通称シャケちゃん。彼は手練で、年間300日は釣りに出ているという。そんなシャケちゃんの先導により霞ヶ浦水系に出発。

普段、バスを狙う際は、ゲーリグラブ3インチや、スモラバで、せこ釣りをしているのだが、本日はトッパーであるシャケちゃんに習い、トップのみで攻めてみることに。

川沿いを歩きながら、POPXバスカラー*1をテンポよく投げていく。

狙うのは基本、足場周りである。早朝のバスは浅瀬でエサを狙っている(?)ので、浅場に狙いを定める。

ルーアーを投げる。着水から波紋が消えるまで待つ。そこからクビを振らせて早めの動きで誘っていく。

これの繰り返しである。

いい感じの葦横で一連の動作をしていると、竿がニュいーんとしなりヒットである。数分のファイトで大物ゲットである。

f:id:ztokyo:20190317174032j:plain

f:id:ztokyo:20190317174119j:plain

推定45UPのパンパンブリブリのバス。久しぶりのデカさに大興奮。

その後も、POPXを投げ続け、もう1匹追加。

f:id:ztokyo:20190317174029j:plain f:id:ztokyo:20190317174127j:plain

こちらも推定40UPのブリブリバス。結果は、1時間で2匹の40UPでした。

トップはバスが食う瞬間が見え、クソ楽しかった。本日からトッパーになることを誓ったことは言うまでもない。

またくるぞ霞ヶ浦水系!!!

*1:当時メガバスルワーはレア物で、朝から上州屋に並び手に入れることができた思い出の品