東京釣り紀行

東京を中心にゆるーく釣りしてます。ちょっと変わったサカナ狙ってます。

うなぎ釣り用のペットボトル仕掛け作り~作成編~

うなぎ釣り用のペットボトル仕掛け作り~作成編~

それでは実際に仕掛けをつくっていきましょう。準備編の道具一式とハサミを準備してスタート。

まずは、おもりをハリスを結びます。

f:id:ztokyo:20181228103206j:plain

結び方はユニノット。

早速であれですが、ユニノットの結び方はググってください。

写真付きでわかりやすいページがたくさんあります。

結び終わるとこんな感じになります。

f:id:ztokyo:20181228103209j:plain

結び終えたところで、いったんこのおもりは端に追いやって次は、ペットボトルのネック部分に糸を固定します。

f:id:ztokyo:20181228103148j:plain

ここでもユニノットをします。

f:id:ztokyo:20181228103151j:plain

手荒れだけがみえて、肝心な糸が見づらいですね...

ユニノットができたところで、わっかの部分をボトルネックにくくらせます。

くくらせた後は、余分な糸をカット。

これも見づらいな..

f:id:ztokyo:20181228103156j:plain

糸が固定できたら、ひたすら巻く。

こんな感じで糸のケースが回るとこに固定すると巻きやすい。

f:id:ztokyo:20181228103159j:plain

150~200回位巻くのが一般的。

少ないと近場までしか投げられないよ。

私は200回。

f:id:ztokyo:20181228103203j:plain

巻き終えたら、糸をカット。

ここでおもりが再登場。

巻き終えた糸の先端と部分におもりをつけます。

またまたユニノット。

f:id:ztokyo:20181228103213j:plain

こんな感じでおもりに二つユニノットがある状態で余分なとこはカットして、最後にハリを糸にひっかけて

完成

f:id:ztokyo:20181228103218j:plain

あとは同じ手順で量産しましょう。

次回はこれを使ってうなぎ釣りに出かけよっと