東京釣り紀行

東京を中心にゆるーく釣りしてます。ちょっと変わったサカナ狙ってます。

隅田川の新神谷橋でウナギを釣った話

隅田川の新神谷橋でウナギを釣った話 2018年9月6日。晴れ。

本日は、新神谷橋(王子神谷駅)でウナギ釣りのリベンジだ。

ここは、滝本釣具店の店主お済み付きのウナギポイントである。過去に隅田川の新神谷橋でウナギを狙う で同行した、カレ(以下、105)もリベンジに燃えている。

本編に入る前に一つ。 近頃、画像メインの方が読みやすいと人のブログを読んで思った。 ということで、本ブログでも文章を削りに削って、画像メインにすることをここに宣言する。

カスタマーファーストはさておき、 本日は平日で、仕事終わりに新神谷橋に向かうため、時合はバッチリ(のはず)なのである。

新神谷橋のある、王子神谷駅は周辺に釣具屋は無いので、神田の上州屋で餌を調達してから向かった。

f:id:ztokyo:20181228102754j:plain

立石駅近くの中川でウナギを狙う」の実績を鑑みて、やはり「太虫」をチョイス。

王子神谷駅からポイントまで距離がるのが難点なのだが、この顔をみるとそんな事を忘れさせてくれるのである。

f:id:ztokyo:20181228102711j:plain

徒歩15分程度でポイントに到着。先客が一名いたので期待度UP。

f:id:ztokyo:20181228102442j:plain

「銀色のヤツ」で乾杯して、準備開始である。

f:id:ztokyo:20181228102718j:plain

準備をしていると、餌のミミズである熊太郎「太虫」が小さいと感じた。

f:id:ztokyo:20181228102453j:plain

それもそのはず、先日の熊太郎は「スーパー太虫」だった。パッケージが違いは内容量だと思っていたがそうではなかった。

f:id:ztokyo:20181228102747j:plain

この違い。上の方が「太い」ということを改めて伝えておこう。

ではでは、釣りの開始である。

f:id:ztokyo:20181228102506j:plain

何潮かわかないけど、川が荒れていて、すぐに何かに引っかかる。

f:id:ztokyo:20181228102520j:plain

105は仕掛けが持っていかれたようで、ジグで狙うと言い出す。

f:id:ztokyo:20181228102726j:plain

ジグでウナギが釣れるとは到底思えないが、特に何も伝えることはしなかった。そんな105を横目に、わたしは淡々と竿先を凝視。

f:id:ztokyo:20181228102532j:plain

やはりというべきか、105のジグはワンキャストでお亡くなりになり、わたしの仕掛けに手を付け出し、改めてうなぎを狙うのである。

f:id:ztokyo:20181228102548j:plain

わたしの方は、コツコツと何かがあたっている。105にそれを伝えると、信じることをせず、わたしの竿先を見つめるのである。

f:id:ztokyo:20181228102734j:plain

105がわたしの竿を見つめている間に、わたしは105の竿の変化に気づいたのである。

105は懐疑的な表情でリールを巻くとこれだ。

f:id:ztokyo:20181228102742j:plain

さっきまでの表情とは大違いで、 ほんとうに見たことないの顔をしているのである。

一年越しに念願のウナギが釣れたのである。

f:id:ztokyo:20181228102603j:plain

それからもアタリは続き、かなりの大物もヒットした。 105のプライバシーを考慮し、音声を加工させてもらった。


隅田川の新神谷橋で大物がヒット

そして、わたしも釣り上げる事ができ、本日2本目のうなぎをゲット。

f:id:ztokyo:20181228102615j:plain

少々わかりづらいが、ぶっとい方が2匹目である。

うなぎのヌメリは想像以上にすごかった。 針を外すと得体のしれないヌメリがつく程である。

f:id:ztokyo:20181228102631j:plain

ちなみに、釣り上げた時の仕掛けはこんな感じで、お手製の簡素なものである。

f:id:ztokyo:20181228102656j:plain

こんな感じのノリで、本日の釣果はうなぎが2本であった。

このあと「持って帰って食うか」について御前会議が行われた。結果は、メソっ子ということでリリースという結論に至った。

もう少し大きければ食ったのだが、 次回は「持って帰る」事をもう少し考慮して準備をしておこう。

本日の教訓は、 新神谷橋はうなぎが釣れること、時合さえ間違わなければ何かがヒットするということだ。 次回は潮もチェックして、より確実に仕留めたいと思った次第です。