東京釣り紀行

東京を中心にゆるーく釣りしてます。ちょっと変わったサカナ狙ってます。

アナジャコを餌に中川でウナギを狙う

アナジャコ

2018年8月12日。曇り。

久々の釣りに出かけた。本日はウナギを狙う。

いつものタウナギじゃなくて、ひつまぶしの方のウナギだ。

ウナギの生態を調べていると、 アナジャコが好物ということがわかった。

確実に釣り上げるためには、まずはアナジャコを捕獲することにした。

アナジャコがわからない人のために、wikiから抜粋しよう。

名称と見た目が似ているが、シャコとは類縁の遠い別の生物である。

お、おう。よくわからない。 見た方がイメージがつくだろう。こんなヤツ。

f:id:ztokyo:20181228094607j:plain

こいつをがっつりとって、 夕方の時合にあわせて、中川辺りで爆釣する計画だ。

アナジャコは潮が引いた干潟に生息している。 ということで、都心からも程近い妙典を目指す。

ポイントは駅から10分程度のこの辺りだ。

13時現在、潮が引いていて 条件はバッチリだ。

f:id:ztokyo:20181228094022j:plain

この穴にアナジャコが潜んでいるのだ。

f:id:ztokyo:20181228094035j:plain

獲り方は簡単で穴付近の砂を掻っさらって、穴に筆を突っ込む。筆を引き上げると、アナジャコがくっついている。 それだけだ。

砂を掻っさらうスコップと、筆は妙典駅のイオン内の100均で調達済みだ。

久々の釣りでブログ用の写真をとり忘れてしまい、掻っさらう姿も無ければ、筆が穴に突き刺さった写真もない、何ともわかりづらい感じになってしまった。

f:id:ztokyo:20181228094048j:plain

1時間程度チャレンジしたが、アナジャコの気配はなかった。

「アナジャコじゃなくてもウナギは上げられる。」

ということで、アナジャコ早々に諦め、中川に移動だ。

新小岩駅から徒歩10分程度の、竿しばに立ち寄り、仕掛けと情報を収集するのだ。

店主は心優しい老夫婦で、仕掛けやポイント等を丁寧に教えてくれた。 仕掛けやイソメを買ったのだが、またも写真がない。

ウナギ爆釣ポイントはこの辺りだ。

工場を指しているけど、向かいの川がポイントだ。平和橋と本奥戸橋の間の、森永乳業の東京工場前がガチとのこと。

こんな感じ。

f:id:ztokyo:20181228094100j:plain

新小岩駅からだと少々歩くことになるが、まあ移動できない距離でもない。 東京工場付近には、駐車場もあるので、車で行くこともできる。

時間にして15時なので、時合には少々早いが釣り開始。

f:id:ztokyo:20181228094139j:plain

1時間程度ねばったが、アタリはなかった。 根がかることが多かった印象である。

他の釣り人に聞いたところ、こっちの方がウナギを狙っている人が多いとのこと。

釣果は言うまでもない。納竿である。

釣りはこれまでなのだが、 本日は新小岩ということもあるので麺屋一燈を目指す。

が、休日の午後の部は18時開始だった。 開店まで1時間以上あったので、麺屋一燈の斜向いにある、つけ麺一燈で済ませることにした。

こっちの店は、休日11:00~21:00と入りやすい感じである。時間によっては行列ができているのだが、この日はスムーズに入ることができた。

なんともうまそうな「伊勢海老つけ麺」をオーダー。

f:id:ztokyo:20181228094113j:plain

味は中の中で、残念なことに並んで食べるレベルではないと思ってしまった。

麺屋一燈がうますぎるから、期待しすぎたのかもしれない。

ちなみに、連れは本家が諦めきれずこの行列に並んだのだが、2時間待ちと聞いて、諦めて帰ったそうな。

f:id:ztokyo:20181228094126j:plain