東京釣り紀行

東京を中心にゆるーく釣りしてます。ちょっと変わったサカナ狙ってます。

平井大橋:うなぎは上がらなかったけどシーバス、ハゼは上がる

平井大橋うなぎ釣り

2019年9月22日。小潮で曇り後雨。

平井大橋(荒川)にうなぎを狙いに出た。

ポイントはこちら。


平井駅から徒歩10分強で、荒川河川敷に到着。

荒川河川敷

ポイントには数人のアングラーがいるようだ。

平井大橋うなぎ釣り
ニッコニコホラッチョ

うなぎと言えば、同じ平井大橋でも中川側が有名であるが、荒川側はうなぎの他に、シーバスやハゼも狙える。

うなぎがダメでも..ということで、保険として荒川側を釣り座にしたのである。

着地は16時頃だったので、うなぎを狙うには時期尚早。

先ずは、ジョイントミノーでシーバスを狙う。

平井大橋シーバスルアー
AliExpress産 ¥93

ジョイントミノーだからか、AliExpress産だからか、原因は不明だが、ルアーが斜めになり扱いが難しかった。

リトリーブ(ただ巻き)がうまくできると、キレッキレな動きをしていたので、腕の問題な気もするが..

キレッキレでもシーバスの反応はなかった。

このかん、お隣さん(ホラッチョじゃないよ)は、イソメでセイゴサイズのシーバスを数本上げていたようだ。


17時頃から、メーンのうなぎに挑戦。

平井大橋うなぎ釣り
本日の仕掛けはこちら

うなぎの餌は「みみず」が鉄板だが、平井駅には釣具屋がなく調達することができなかった。

代わりに、先日のタチウオでチャレンジしてみることに。

うなぎの餌にサバやアジの切り身が使われるんだから、タチウオだってイケるだろ?

ってことで、タチウオ投下。

荒川側の平井大橋でうなぎ待機

ここのうなぎは、平井大橋の橋脚(1本目)を越えた辺りが狙い目だと、 リアル地場というか、河川敷に住んでいるおじさんが教えてくれました。

が、反応はなかった。

時折、餌の様子を確認するが、度々根にかかってしまう。

平井大橋根がかり
根にブチ切られました

それにしても、電車がうるさい。

総武線、東西線が爆走しており、数分毎の轟音が耳障りである。

平井大橋は電車がうるさい

一方、ホラッチョはというと

魚肉ソーセージでハゼを狙っているようだ。

平井大橋ハゼ

彼もアタりすらないようである。

同じポイントのお隣さんは、ハゼも上げているようだった。

この時点で、セイゴ三匹、ハゼ二匹上げているのを確認。

それにしても釣れない。


ホラッチョは飽きてしまったのか、誰かと何かを話しているようだった。

平井大橋ホラッチョ

私の視線を感じてか、次に目をやると..

やるきダスト

言うまでもないが、ホラッチョによるホラッチョである。くだらない。


日が暮れてきた。

平井大橋夜釣り
平井大橋の灯りがさすので夜釣りもイケるぞ

やっとうなぎの時間!!と思った頃、雨が振り始めてきたのである。

そして、時間がたつにつれ、どんどん勢いを増すのである。

長居できないと判断し、最後に大盛りのタチウオを投下。

平井大橋うなぎ釣りの餌にタチウオ投下

もちろん、反応はなく納竿である。

今日は小潮。餌は論外としても、やはり潮汐も関係するのかなぁ

総括

  • 餌重要
    • うなぎなら「みみず」、ハゼなら「エビ」のように鉄板で攻めるべし
  • 平井大橋ではシーバス、ハゼは割と上がる
  • うなぎを狙うなら(平井大橋の)橋脚越を狙え