東京釣り紀行

東京を中心にゆるーく釣りしてます。ちょっと変わったサカナ狙ってます。

隅田川千住大橋でシーバスを狙う

隅田川 千住大橋でシーバスを狙う

2019年7月27日。晴れ。

隅田川でシーバスとうなぎを狙いに出た。

なぜ「シーバスとうなぎ」と思う事であろうが、過去に隅田川でどちらも上げているので、ポイントによっては両方狙えると考えたのである。そのポイントがこちら。

隅田川上流の新神谷橋ではうなぎを上げ、下流の両国橋ではシーバスを上げている。ということは、その中間辺りの千住大橋では「シーバスとうなぎ」が狙えると考えるのが自然であろう。

馴染みのないポイントなので、近辺を散策してみることにした。散策といえば「つけ麺と銭湯」がお約束である。

先ずはつけ麺。鶯谷駅の七面鳥だ。

濃厚つけ麺
濃厚つけ麺

手前は魚介で奥柑橘。ドロっと系のタレは麺によく絡む。つけ麺を頼んでおいてこう言うのもあれだが、この店はラーメンの方が美味しいと思う。

お次は銭湯。東京最強の銭湯「ひだまりの泉萩の湯」である。

ひだまりの泉萩の湯
ひだまりの泉萩の湯湯

露天、サウナ、水風呂..何をとっても完璧である。日の当たるベンチで外気浴なんてもう最高。

閑話休題。

鶯谷駅を満喫したので千住大橋駅に移動する。鶯谷駅からは電車で15分程である。

千住大橋駅 駅前の風景
千住大橋駅 駅前の風景

千住大橋の手前にある大橋公園から、橋詰テラスに入った。

千住大橋から見た橋詰テラス
千住大橋から見た橋詰テラス

大橋公園にはトイレもあり、釣りポイントとしては良い環境である。が、ここは投げ釣りアウト。そして街灯が見当たらないので夜釣りは厳しそうである。

隅田川千住大橋は投げ釣り禁止
隅田川千住大橋は投げ釣り禁止

シーバスは諦めうなぎを狙う。

とは言うものの、うなぎの餌を持ち合わせていないので、手持ちの燻製さきいかを代用。

うなぎの餌
うなぎの餌

17:30現在、うなぎにを狙うには少々時間が早い。

足下のうなぎ狙い
足下のうなぎ狙い

ランナーがいるだけで、アングラーは皆無だった。

対岸(南千住方面)はフェンスがなく、隅田川もろ出しである。

橋詰テラスの対岸
橋詰テラスの対岸

餌も時合いも望み薄いのでポイント変更。

千住大橋
千住大橋

徒歩でこの辺りを目指した。

マップ周辺に来たのだが、壁があり隅田川になかなか入ることができない。

南千住のウォールシーナ
南千住のウォールシーナ

ここでやっと入ることができた。千住大橋駅からは徒歩20分弱、南千住駅から徒歩15分といったところだ。

南千住のウォールシーナ

マップでいうとこの辺り。

カニがいっぱいいた。(小並感)

隅田川 隅田川

スーパーイソメでボトムを小突いた。

隅田川

ライズ*1皆無で生命感を感じなかった。

このエリアも街灯はなく夜釣りは難しそうだ。日が落ちてきたので納竿。

帰路につくと、来た道の様子が違っていた。

墨田川花火大会

なんだか騒がしかったのはこれか。墨田川花火大会。

遠くに小さな花火が見え、夏が始まったようだ。

墨田川花火大会

*1:水面付近にいる小魚を捕食する際に、勢い良く水面にフィッシュイーターが飛び出すこと