東京釣り紀行

東京を中心にゆるーく釣りしてます。ちょっと変わったサカナ狙ってます。

京浜運河大和大橋でシーバスをねらう

大和大橋シーバス

2019年7月5日。雨のち曇り。

仕事の関係で大田区にきたので、ハゼ、シーバス、カレイ、アナゴ...などが釣れる噂の京浜運河 大和大橋でチャレンジすることにした。

狙いはもちろんシーバスである。

この日は19時半に満潮を迎えるので、潮が流れる時間を狙い現地入をする。

現地に入る前にポイント付近で有名な「中華そば さとう 」もチャレンジした。

さとうの中華そばと半カレーライス
さとうの中華そばと半カレーライス

味について多くは語らないが、やはり永福町大勝軒に勝ることはなかった。好みの問題ではあるが大勝軒(北習志野西口) が最強である。

初ポイントはどうしても期待してしまう。そんな高揚感から謎の自撮りをかましてしまった。

東京モノレールで京浜運河 大和大橋に向か途中の謎
謎な自撮り

京浜運河 大和大橋へのアクセスは、東京モノレール「流通センター」駅が最寄りである。

駅からはポイントは近く、5分も歩けば到着する。 京浜運河 大和大橋

京浜運河 大和大橋

シーバス絶頂ポイントは、整備されていて足場はかなりよい。

京浜運河 大和大橋のシーバス狙いの足場はいい

まずは、コスパ最強のシーバスルアー「エリテン」で攻めることに。

コスパ最強の逸品エリテン君
コスパ最強の逸品エリテン君

こいつの、最大の特徴は動き過ぎないローリングアクション(左右に身体を回す)である。動きすぎないといったが、むしろほぼ動かない。

潮の流れに任せて漂うように攻めると、釣果が期待できる逸品である。

京浜運河はシーバスのベイトが濃いかも

ボラが跳ねまくり、ベイトは濃いのだが反応がない。 エリテン君は避難させ、バイブにチェンジ。

京浜運河でシーバス狙いのバイブ

既に1時間程度キャストしているが反応はない。

19時前に空を仰ぐと、虹がかかっていた。

京浜運河の残念な写りの虹
残念な写りの虹

満潮を迎え下げ7分までチャレンジした。

京浜運河のシーバス釣果は表情で察してください
釣果は表情で察してください

初めて、京浜運河でシーバスにチャレンジしたが、アタりすらなかった。

気にしないようにはしていたのだが、アングラーに全く遭遇しなかったのは、まあそういう事からなのか。

私にとってはアクセスがイマイチなポイントなので、江戸川、隅田川あたりのシーバスで気を取り直して出直します。