東京釣り紀行

東京を中心にゆるーく釣りしてます。ちょっと変わったサカナ狙ってます。

多摩川の人気ポイントでシーバス狙いからボラった話

多摩川の丸子橋(まるこばし)シーバス

2019年4月20日。晴天。

本日はシーバスを狙いに、多摩川の丸子橋(まるこばし)に向かう。

最寄り駅は、まんま「多摩川駅」である。

南口を出て線路沿いを進めばすぐに着くのだが、途中にある名もなき釣り具屋で餌を調達することに。

多摩川釣具屋

名もなき釣具屋は、リッチな釣具屋ではないので、イソメは置いていない。太虫じゃないミミズや、アカムシ等、小物狙いの餌が少しあるような感じだ。

熊太郎を購入し、丸子橋に向かう。

多摩川丸子橋 多摩川丸子橋

といっても目の前が既に丸子橋なので直ぐにポイントへ到着。

多摩川丸子橋

伝え忘れていたが、本日はホラッチョ不在でカニゲームが得意な若い衆と同行している。

多摩川丸子橋

タックルはこちら。

タックル

下ろしたてのロッドとリール、それにバチ抜けルアーである。熊太郎は念のため買っただけで、使うつもりはない。

早速、キャスト。 多摩川釣り

ロッドが硬く、繊細な攻略には不向きだと思ったが、見た目がチャラいのと、かなりコンパクトになるので気に入った。何より安かったのでお勧めである。

若い衆もキャストを始めたようだ。

多摩川釣り

アタリはないが、魚影は濃そうだ。というのも足元に小魚が沢山いるのと、魚があちこちでバシャバシャと跳ねているのだ。

多摩川小魚が多い

そんな感じで、数回キャストしていると、ルアーがスイーっと横に移動するのが目についた。違和感を覚えた瞬間、ズンと重くなった。

多摩川でヒット

手前まで引き、タモでフィニッシュ。

多摩川ボラ

ボラッチョ。

外道でかつ、スレだった。

その後も数回キャストしたが、反応はなかった。

夕方になるとアングラーが続々と現地入りし、ざっと10人はいた。特に水門が人気のようだった。

多摩川丸子橋水門 多摩川丸子橋水門

この辺りをイソメなんかで小突くのもおもしろそうなのだが、この後ちょいと予定があるので、これにて納竿である。

大崎金春湯でお茶まみれ
大崎金春湯でお茶まみれ

大崎六厘舎でフィニッシュ
大崎六厘舎でフィニッシュ