東京釣り紀行

東京を中心にゆるーく釣りしてます。ちょっと変わったサカナ狙ってます。

大時化の鴨川漁港は鯖の入れ食いだった

鴨川漁港鯖釣り

2019年4月30日。

房総釣り紀行2日目である。

朝マヅメを狙う予定だったが、あいにくの天気で計画を変更。

鴨川ベースで雨をやり過ごしてから、鴨川漁港に釣りに出た。

先ずは、弁天島を攻めることにした。

弁天島

弁天橋を渡っていると、すぐに異変に気がついた。

弁天橋

強風である。

決して足場が良いとは言えない弁天島、先行きが思いやられる。

さらに釣座までの道のりは、かなりエグいのである。

足を踏み外せば奈落の底
足を踏み外せば奈落の底

雄々しく立ち向かうソックン
雄々しく立ち向かうソックン

風はどんどん強さを増していった。

ホラッチョもこの表情
ホラッチョもこの表情

肝心の海は..当然、時化ていた。

時化の鴨川漁港

ひどい荒れようだった。

こちらの見て頂ければ、少しは伝わるのではないだろうか。

身の危険を感じ、弁天島から漁港に避難した。

鴨川漁港 釣り

風に煽られないものの、漁港は魚影が薄かった。

鴨川漁港 釣り とホラッチョ

当然、反応はない。

風の弱まったタイミングで、灯台島を攻めることにした。

リグは遠投カゴで、それなりの重さがある。波に流されず、なんとかキャストすることができた。

灯台島で釣りをするホラッチョ 少しすると、ホラッチョが大声をあげた。

時化の灯台島で釣りをするホラッチョ

例のごとく、ホラッチョによるホラッチョだろうと思っていると..

灯台島で鯖っ子が釣れる

鯖っ子である。

時化でウキも当てにならない中、このサイズで引きを感じることができるものなのか。

ホラッチョを問うことはしないが、状況を鑑みるとホラッチョ中にたまたま掛かっていた。といったところか。 灯台島で鯖っ子が釣れる

しかし、いい表情(カオ)である。

そこから鯖っ子は止まらなかった。

10分程度で7匹といったところか。

灯台島は鯖っ子が入れ食い 灯台島は鯖っ子が入れ食い

引きを感じることができないこのサイズで満足できる理由はなく、鯖っ子を使った泳がせ釣りに変更である。

灯台島で泳がせ釣り

7匹すべて使うも反応はなかった。

平成最後の釣りは、これにて納竿である。

1泊2日の房総釣り紀行にしては、少々がっかりな結果であった。

おわり。