東京釣り紀行

東京を中心にゆるーく釣りしてます。ちょっと変わったサカナ狙ってます。

千葉県新川で20年来のバス師とブラックバスを狙う

新川ブラックバス 2019年4月29日。

GW一発目の釣りは、新川でブラックバスだ。

本日は房総に釣りに出る予定だが、その前に肩慣らしである。

いつものホラッチョは不在で、20年来のバス師と同行である。

バス師の案内に従い、新川「宮内橋」を目指した。

朝マズメは過ぎてしまったが、朝の7時には現地入りすることができた。

新川宮内橋 新川宮内橋

最近、ルアー釣りにハマしてる私は、まずはトップで攻めることにした。

エリア10のバチ抜けルアー
エリア10のバチ抜けルアー

可変リトリーブでルアーを泳がせたが、反応はなかった。

20年来のバス師は、遠目からでもシャックたり、シェイキングしたりとかなり攻めているようだった。

新川宮内橋でバス釣り

バス師はガンガン仕掛けを変えていた。

私の仕掛けまで口を出し始め、このリグを使えと渡された。

ゲーリーHEART TAIL (ハートテイル)

ゲーリー究極の一品「HEART TAIL(ハートテイル)」である。

指示に従ったが反応はなかった。

その後も、ポケットサイズのモンスター「グリフォン」を渡されたりと、あれやこれやしたのだが、状況が変わることはなかった。

指示通りやっても成果がでないので、パワーイソメでボトムを小突いたりもした。

新川宮内橋パワーイソメでバス釣り

ボトムをツンツンしていると「ここには居ない」とバス師が詰め寄ってきた。

パワーイソメについてガタつかれるのではないかと、内心ヒヤヒヤだった事は告げず、私は指示に従った。

続いてのポイントは「城橋」である。

ここなら間違いないと、急ぎ足で釣座に案内された。

新川城橋バス釣り

新川城橋バス釣り

足場が悪いが雰囲気は抜群である。

新川城橋バス釣り

橋桁は低く、上には車が走っているため、キャストするには難しいポイントであった。


私はバチ抜けルアーで攻めていると、バス師のリグの変化に気がついた。

物凄く小さいワームで足元を小突いている..

そして、アタったとキャピっている..



確かにアタっているようだが、確実にブラックバスではなく、子ギルや、ヨシノボリといったところか..


そんな釣りを続ける必要がないと判断した私は、帰り支度をはじめ、強制的に納竿させるのであった。


帰りの道中、バス師のお言葉が印象的だった。




「俺のプラン通りなら確実に釣れる、まずはカンノを攻める...この竿で100匹以上釣ってるから...」




小声で言葉の端々を聞き取ることができなかったが、そんな感じの事をつぶやいていた。

次回は、是非カンノからお願いしたいものである。