東京釣り紀行

東京を中心にゆるーく釣りしてます。ちょっと変わったサカナ狙ってます。

霞ヶ浦水系の名もなき川でブラックバスを狙う

霞ヶ浦水系ブラックバス 2019年4月7日。

ブラックバス狙いに千葉県にやってきた。朝マズメ狙いのため、現地に着いたのは朝の6:00頃である。

おはようございます
おはようございます

ここは昨年、ランカーレベルのブラックバスが上がった信頼と実績のポイントである。

www.hound.tokyo

場所はここなのだが、何川なのかわからない。

まあとにかく霞ヶ浦水系の川である事は間違いない。

このポイントはトップ系がいいと、いつものカレから指導を受けた。教えを忠実に守り、多摩川ナマズ攻略で購入した、ノイジー系のトップウォータープラグ「ジッターバグ」を装填。

フレッドアーボガスト社製のジッターバグ
フレッドアーボガスト社製のジッターバグ

早速、ぶん投げてトップでガシガシリトリーブ。

霞ヶ浦水系でジッターバグをリトリーブ

ナマズ用ということで、カエルに見立てたサウンドで、バシャバシャと水面をルアーが走る。

霞ヶ浦水系 トップ
カレもトップでガシガシ

こんなので本当に釣れるのか?と何度もカレに訪ねた。答えは決まって「釣れるっしょ」である。

時折、足元でモーニングライズ(跳ね)があるのだが、一向に反応はなかった。

ランガンで橋の上に辿り着く。

霞ヶ浦水系の名もなき橋

反応なし。ひたすらランガンで対面まで来るも反応なし。

ぼっち
ぼっち

時折ボートで出現するバサーも釣果はないようだ。

約1.5時間程のランガンで、スタート地点に戻ってきた。 霞ヶ浦水系 ボート乗り場

ポイントを変えることにした。西へ車を数分走らせ、八島橋に到着。

時間のせいなのか、圧倒的に人が多い。

バサーやヘラ師で溢れていた。

霞ヶ浦水系の八島橋周辺は人気の釣りスポット
八島橋周辺は大人気

ここでもランガンで、トップやら、ワームで攻めるも反応はなかった。

もうだめか..と諦めかけたその瞬間、カレが大声をあげた。

霞ヶ浦水系でブラックバスヒットか!?

表情を見て確信。ホラッチョである。

霞ヶ浦水系ホラッチョ
ホラッチョ

「へへへっ」じゃないよ、まったく。早起きして坊主は哀しいよ。

この日は、周囲を見ても、アタっている様子や、ましてや釣りあげているアングラーはいなかった。

いつの日かリベンジすることを誓い、本日は納竿。

総括

* この周辺は人気スポット

* 4月は魚影が薄い(5月から狙い目!?)