東京釣り紀行

東京を中心にゆるーく釣りしてます。ちょっと変わったサカナ狙ってます。

旧江戸川の妙見島でウナギをねらう

旧江戸川妙見島ウナギ 2018年9月22日。

本日は浦安駅からほど近い、旧江戸川の島「妙見島(みょうけんじま)」でウナギを狙う。

半年以上前の釣りで、本当にウナギを狙いに行ったのか「覚えていない」が、正直なところである。

ポイントは浦安駅から10分程度だったか、このような道を歩いた。

f:id:ztokyo:20190224220240j:plain

割と近かった印象だ。(知らんけど)

f:id:ztokyo:20190224220251j:plain

浦安橋の中程から下ることができ、下るとそこが「妙見島」であった。

f:id:ztokyo:20190224220304j:plain

平坦な作りで落ち着いて臨める環境だった。

f:id:ztokyo:20190224220323j:plain f:id:ztokyo:20190224220340j:plain

黒いヤツとタコス風味がお供である。 f:id:ztokyo:20190224220430j:plain

今回もいつものツレがおり、カレが仕入れたミミズは見たことのない代物であった。

f:id:ztokyo:20190224220459j:plain

「フレンド」は激細のミミズで、ウナギの好みではない。(知らんけど)

f:id:ztokyo:20190224220644j:plain

入水させ、黒いヤツ片手にボーッとする、至福の時だ。

f:id:ztokyo:20190224220622j:plain

カレはTシャツで涼しげな表情をうかべていた。

f:id:ztokyo:20190224220605j:plain

途中、シーバスのスペシャリストが現れ、このポイントのノウハウか何かを教えてくれたのだが、まったく覚えていないのである。

f:id:ztokyo:20190224220658j:plain

私は竿先を眺め、ただただ至福を感じるのである。

f:id:ztokyo:20190224220725j:plain

全身で至福を感じ

目覚めると、こんな具合であった。

f:id:ztokyo:20190224220810j:plain

時間だけは神様が平等に与えて下さった。 これをいかに有効に使うかはその人の才覚であって、うまく利用した人がこの世の中の成功者なんだ。

誰かが言っていた、こんな言葉を思い出したことであろう。

おわり。